“資産価値”というところが決め手のポイントでした。

4人家族:世帯主(30代)・配偶者・子2人

ヴェルディ三原駅前弐番館 物件HPはコチラ! マンションギャラリーブログはコチラ!

ヴェルディマンションの購入動機

“資産価値”という視点ではとても興味・関心のある物件だということを常々、感じていた夫。しかし、近くに大きな商業施設があり、小さい子どもたちにとってはあまりよい影響がないのではと不安がる私。私の気持ちも分からなくはなかった夫が、購入予定のヴェルディマンションの周りを歩いて、子どもがどのようなところで遊べるのか、危険があるのかなど確認してくれました。すると、近くに子どもの遊べる公園や支援センターなどがありました。このような行動から、事前に把握することで多少の不安も解消されたのです。最終的には、不安なことよりも私たちが希望していた”資産価値”という視点を根底に良いところを重視しての決断となり購入を決めました。

ヴェルディマンション選びに関しての活動

長男の誕生からマイホームの購入を考えておりました。約5年間で中古マンションをはじめ新築マンション、戸建てと50件ほど拝見させていただきました。その中で私たち夫婦(家族)がどのようなマイホームを希望するのかをすり合わせてきました。私たちは転勤族ということもあり、将来的には地元に戻るということも考えられることから、中古マンションを含めたマンションにしようと決めたのです。そして、駅チカ、スーパーや病院、そして子どもの学校や習い事までの距離を想定して検討しました。そこから気になった物件があればメールで問い合わせ、すぐに見学に行く、という数年でした。

ヴェルディマンション購入決め手

“資産価値”というところが決め手のポイントでした。実際の建物を拝見し、子育て世代の私たちにはぴったりの間取り(3LDK)でした。子どもがまだ小さいのでリビング学習のできる部屋づくりの提案は、とても有難く思いました。転勤族ということもあり、万が一手放すことになっても駅から近いため売りやすいことも購入のポイントとなりました。