やはり大事なのは最先端設備よりも住む人のことを考えた家で、これが決め手です。

3人家族:世帯主(30代)・配偶者・子

◆ヴェルディ三篠[パームレジデンス] 物件HPはコチラ! ◆マンションギャラリーブログはコチラ!

ヴェルディマンションの購入動機

まず第一に駅から近いことを条件としていました。徒歩10分以内の新築又は築浅中古のマンションを探していました。妻が病院に通うためにはマンションから駅が近いことが条件であり、特に横川駅は通っている大学病院に直結のバスがあり、とても便利でした。また、ヴェルディ三篠は候補としている物件の中で3つの交通機関が徒歩10分圏内に全てあることがとても魅力的でした。交通の便が良いということはつまり資産価値が落ちにくい物件ということで安心して購入することが出来ました。

ヴェルディマンション選びに関しての活動

まず始めに住宅展場に行き夢を膨らませました。「あんな間取りにしたい」「こんなデザインにしたい」というイメージを持つことから始めました。次に「ひろしまの家相談カウンター」という場所に行き、実際に自分たちが建てられる(買う)ことが出来る家について聞き、現実を見せられました。その結果、中古マンションのリフォームという方針に変わりました。ところが、中古マンションの物件見学を始めたところ、中古は人の使い古しであり、壁紙などは変えられても配管などの共用部は昔のままなので住宅への不安は残ったままでした。しかしどうせ住むなら不安のない新築をということで、ヴェルディマンションのモデルルームに行きました。

ヴェルディマンション購入決め手

「ひろしまの家相談カウンター」で物件選びでは直感が大切であると教わりました。中古物件等をたくさん巡って目を養うことが大切だと言われ、それにならって新築・中古問わず多くの物件を巡りました。その中でヴェルディ舟入南の中古物件に伺った時、真っ白なお部屋に心を奪われ、また建具も住む人のことを第一に考え、無駄を省いた作りに感動しました。数あるマンションの中でも信和不動産さんのマンションは本当に住む人のことをちゃんと考えてくれているのだと感じました。すぐに妻と私の意見は一致し、理想の立地と理想の部屋であるヴェルディ三篠に決めました。やはり大事なのは最先端設備よりも住む人のことを考えた家で、これが決め手です。